7番房の奇跡

cinema

7番房の奇跡

皆さんどーもまんじです!!

今回紹介させていただく映画は『7番房の奇跡』です。

監督 メフメト・エイダ・エズテキン
出演者 アラス・ブルト・イネムリ  ニサ・ソフィア・アクソングル  デニス・バイサル  ジュリエ・トヨン・ウイサル  イルケル・アクスム


↑左の女の子がオヴァ、右の男性がメモ

あらすじ

主役のメモは知的障害者で娘のエヴァと叔母と貧しいながら幸せに一緒に暮らしています。
メモは知的障害者で娘のエヴァの学校の友達から変人などと言われていますが気にせず、明るく娘のエヴァを大事に仲良く暮らしていました。
とある日メモは見に覚えのない罪で刑務所に収監されてしまいます。
その罪とは少女を殺したという完全に冤罪の罪でした。
メモは刑務所の7番房に収監されるのですが、知的障害もあり、同じ7番房の人間からも煙たがられます。
しかしだんだんとメモの明るさ、優しさをみた7番房の人間たちも彼に心を動かされていきます。
愛する娘と離れ離れの生活を強いられるメモ、パパに会いたくても会えないエヴァ。
ラストの結末には度肝を抜かれること間違いなし。
この二人の愛で7番房を中心に数々の奇跡が起きる物語です。

感想

もうとにかく泣きたい人にはおすすめの作品です
僕は中盤から終盤にかけてオエオエいいながら泣きました。
ストレートに見る人を泣かせにくる作品で、主役メモ役のアラス・ブルト・イネムリと娘エヴァ役のニサ・ソフィア・アクソングルの演技がうますぎます。
エヴァが可愛くて可愛くて演技で心を奪われました🧔(笑)
僕はネットフリックスでこの作品を見たのですが、オリジナルは韓国映画だそうです。
ネットフリックスには両方の作品が閲覧可能なのでぜひ見てみてください!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました